まつげ育毛の方法(マツイク)

マツイク方法

長く太いまつ毛は、それだけで顔を美しく見せてくれるので、女性なら憧れる人も多いことでしょう。

 

こちらでは、まつ毛を育毛させるマツイク方法をご紹介していきます。

 

 

まつ毛美容液を使う

まつ毛用美容液を使うのが、まつ毛を育毛させるのには一番効果が期待できます。

 

まつ毛の美容液は、まつ毛が成長していく時期に塗ることで、まつ毛が長くなりまた丈夫で抜けにくくなると言われています。

 

まつ毛が生えるまでに食生活の改善を行う

まつ毛は人の髪の毛や爪、皮膚と同様、たんぱく質で形成されています。このたんぱく質が不足すると、毛周期が短くなったり、長くなったりしてサイクルが乱れてしまい、長く太いまつ毛が形成されにくくなっていきます。

 

たんぱく質を多くふくむ、大豆や肉類、魚類、乳製品などをバランスよく摂取することで、まつ毛が成長するための栄養が満たされ、毛周期が整うことで、長く太いまつ毛が形成されやすくなっていきます。

 

まつ毛の育成に欠かせないのはたんぱく質のほかに、ミネラルやビタミンです。野菜や果物も摂取するようにし、栄養の偏りのない食生活を送るようにしましょう。

 

睡眠時間の確保

睡眠時間が短いと、毛周期のサイクルが乱れる原因となります。特に成長ホルモンが分泌される22時から2時の間に就寝をすることで、細胞を活性化させ、毛周期サイクルが整いやすくなると同時に、細胞の成長も助けるのです。

 

このゴールデンタイムには必ず眠るようにして、まつ毛を育成するようにしていきましょう。

 

アイメイクを考える

アイメイクをしたまま、眠ってしまうと、まつ毛の成長を阻害する可能性があります。そしてメイク落としをする際に、強くゴシゴシこすったり、十分にメイクが落としきれていなかったりする場合、まつ毛が抜けやすくなる原因になります。

 

できるだけ、優しくなでるようにメイクを落とすようにしましょう。ビューラーを使う際にも強く引っ張りすぎるとまつ毛が抜けやすくなります。一度に強い力でまつ毛を上げず、優しく小刻みに使うことが大切です。

 

まつ毛の保湿を心がける

目の周辺の皮膚は薄く、他の部分と比べると水分量が不足しがちです。そして、パソコンやスマートフォンなどを見て長時間目を使っていると、血行が悪くなり、さらに乾燥しやすくなります。

 

乾燥した状態は、水分のない土壌と同じで、まつ毛がキレイに生える環境として適していません。目の周辺には保湿を心がけるようにしましょう。

 

目の周辺のマッサージなども血行を良くするのに効果があります。

 

ビューラーは常に清潔を心がける

ビューラーに汚れがついていたり、まつ毛を挟む部分のゴムが切れていたりすると、まつ毛を挟む時にまつ毛を巻き込みぬいてしまう可能性があります。

 

ビューラーは清潔に保つようにし、ゴムも定期的に交換するようにしましょう。

 

 

マツイクにNGなもの自己責任で

 

ワセリンやニベア、リップクリームを使うという情報もありますが、こちらは目の周辺に塗るために作られていないので、目や瞼の粘膜にトラブルを起こす可能性があります。

 

自己責任の上で使用することはできますが、オススメはしません。安全にマツイクさせるには、エリザクイーン まつげ美容液が効果的です。